サイトトップ > サイトマップまで放置

セラミドサプリに副作用?口コミ人気はどう?ランキングでご紹介

セラミド1、2、3の違い

 

化粧品に配合されるセラミドの種類にも色々ありますが特に特徴のあるセラミド1、2、3についてご紹介致します。セラミド1、2、3はそれぞれ大切な働きをします。人間の角質層には多くの種類であるセラミドが存在していますが

 

このセラミド1、2、3はセラミド本来の水分保持機能には欠かせない大切な働きがあるんです。

 

セラミド1は主に外部刺激からのバリア機能をサポートする働きがありセラミド2は主に保湿機能をサポートする働きがあります。セラミド3は主に保湿機能とシワの深さを軽減する機能があります。

 

セラミドは本来人間の肌に備わっていますがそのセラミドの量は年齢などにより異なります。この中でも多くの割合を占めるのがセラミド2となりこのセラミド2はセラミドの中でも高い保湿機能を持つ特徴があります。そのためこのセラミド2の量が増えたり減ったりすることにより肌の乾燥状態も大きく変わってきます。

 

セラミド1は外部からの刺激に対してバリア機能として働く特徴がありセラミド1には角質層の細胞間脂質を互いに繋ぎ合わせる働きがあります。この働きで角質層が隙間なく敷き詰められるのでセラミド1の外部刺激から守るバリア機能は健康な肌を守る上で欠かせない大切な働きになります。

 

セラミド3は乾燥肌やシワの予防にも優れている保湿効果がありますが年齢を重ねるごとに減ってしまうデメリットを持つセラミドでもあります。このようにセラミド1、2、3にはそれぞれ大切な働きがあり、多くの化粧品に使用されています。

 

中でもセラミド2、3は高い保湿効果を持つので乾燥に悩む方が使用するスキンケア用化粧品や髪のトリートメントにも使われています。セラミドが含まれている化粧品を選ぶ時は配合されているセラミドの種類と特徴を事前に知っておき、自分に合った化粧品選びが大切です。

 

セラミドのスキンケア

 

美肌の強い味方と言われるセラミドですがセラミドを減らしているのは実は洗顔なんです。汚れがしっかり落ちていない、美肌のためにもう一回と洗顔回数を増やしてしまうのは実は危険なことです。綺麗になるために行っている洗顔でも洗顔の仕方によってはお肌をどんどん傷つけてしまいます。

 

肌の表面にバリアを張り出している皮脂やセラミドは洗顔により取り去ってしまわれ、乾燥肌を悪化させる原因になります。強く洗いすぎてしまうと必要な角質まで剥がれてしまい刺激が入り込んでしまいます。

 

このように刺激が入り込むことで多くの方が悩むシワやシミもできやすくなります。セラミドを減らさない正しい洗顔方法は細かく泡立ててそっと包み込むように優しく洗うことです。

 

肌の潤いを保つためには短時間で洗顔を済ませることが大切なので長時間の洗顔や一度に数回の洗顔はよくありません。また、セラミドは食事から摂取することができます。

 

フィトケミカルという野菜が持つ自己防衛成分を取り入れることが大切です。それは色の濃い野菜に多く含まれ大豆のイソフラボンやトマトのリコピンなど色々な種類があります。

 

特にセラミドが含まれているのがしらたきやこんにゃく、ひじきなどの黒の食品です。中でもこんにゃくは小麦や米に比べると7〜15倍もの量を含んでいるので一番セラミドが豊富な食品です。

 

このようにセラミドが減少しないように日常生活の中で行う洗顔の仕方に気を付けたりセラミドを増やすためにセラミドが含まれる食品、食材を摂取したりすることが大切です。